パーソナルナース free ナス子|介護の一時的な代行・外出付き添い・入院中の付き添いなど|東京都千代田区

忙しい家族の代わりに看護や外出付き添いなど、看護師国家資格を持つスタッフがご自宅まで出張・代行いたします。

ホームナス子ブログ ≫ *新型コロナウイルス*。 ≫

*新型コロナウイルス*。

久しぶりのブログになってしまいました。
1月から日本にも上陸した新型コロナウイルスについてですが、いつ収束するのかも検討がつかない事態で不安な中、皆さまは体調はいかがでしょうか??
今日はCOVID−19について、書かせていただきたいと思います。
そもそもコロナウイルスというのは、風邪の原因の一つのウイルスです。その中でも今回のCOVIDー19は、2003年に発生したSARS(重症急性呼吸器症候群)の起因ウイルスと同じようなウイルスであり、一般的な風邪のコロナウイルスとは区別されています。
SARSは、8096名が発症し、774名が死亡しており、その致死率は9.6%でした。また発症者のおよそ80%は軽症でした。
COVID−19は80%は軽症で20%が重症化する恐れがあると言われています。未だ収束していないため、致死率データは日々異なりますが、やはり、COPD(慢性閉塞性呼吸器疾患)、糖尿病、高血圧などの基礎疾患があると重症化するケースがあり、しかも悪化すると急激に重症化に転じるという点で、SARSでは9.6%の致死率が出たことを見ると、非常に危険であり、同様に、油断してはならないウイルスであると言えます。ましてや、未だ治療法も確立されていません。ワクチンも開発されていません。
私が思うことは、“20%が重症化するけど、自分は基礎疾患もないから、もしかかっても大丈夫だ”と思っている方々を耳にしますが、自分は良くても無症状のキャリア(陽性)時に、誰かに感染させている場合が恐ろしいのです。そういう自己中心的な方々が多いと、それだけ感染者が増加するのであって、その母数が多くなればなるほど、必然的に20%の数も多くなるのですから。
医療崩壊は極めてあってはならないことです。ですが、今後の重症患者数が増加してしまうと、より一層その懸念は現実化してしまいます。
長くなってしまったため、この後、医療崩壊が起きる危機が高まる理由について、病院事情を書きます。
では、皆さまもお互い健康に気をつけていきましょう。コロナ🦠に負けるな‼️
2020年04月03日 00:00

モバイルサイト

パーソナルナース free ナス子スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら